HOMESEVEN SENSE/MID WATER  SEVEN SENSE 一覧
 
 TOP画像
 
 
 【 超軽量、高反発、超遠投ブランクス 】 
 INFOMESION 
  PEラインの特性をフルに活かしきる為、まず、PEラインの長所であり短所でもある「伸びの無さ」をブランクスで補正。 感度が良すぎるが故の副産物でもある「低い伸び率」。 それが故にブランクスとのバランスが悪ければアタリを弾く結果となる。 だが、単に軟らかくすれば張りの無いプアな竿になってしまう。このミッドウォ-タ-PEラインスペシャルは従来品よりも感度を上げ、更に40tの使用率をも上回る。 当然、ブランクスは平均12%の軽量化を実現し、ロッド自重に至っては約25g軽量化されている。こう書くとピンとこないが従来の902モデルのブランクスと新型972PEのブランクスが同じ重量と言えば理解しやすいかもしれない。 もっと簡素に説明すればMWS-902-MLRFの使用感が MWS-972-PEでモロに味わえるということである。 しかも自重は遥かに軽量となって。 ではなぜ高弾性が増え、張りが上がっているにもかかわらず弾かないのか。それは、ブランクスが曲がり始める「位置」をPEライン専用に設計変更しているから。 この「位置」の割り出しには随分な手間と労力をかけている。 単にガイドスペックを今風にしただけではないことを絶対的な自信を持って断言する。なぜなら、こいつには「ミッドウォ-タ-リミテッド」のDNAが脈々と受け継がれているのだから。 
   
  大・中・小規模河川での落ち鮎シーズンや初冬のサーフ・ゴロタ場の中・大型マル・ヒラスズキを狙い、小型ミノーからバイブレーションを使用し、6gが扱える繊細なティップと26gバイブをフルキャストできるバットをトライ&エラーにて調整.。 メインルアーウェイトは16g前後、およそ1.2kgのドラグテンションでバットが入りアベレージクラスの2~4kgとのやり取りが非常に楽しめ、5kgクラスを片手で溜めつつ余裕を持ってコントロールできるように設計しています。 
 
 SPEC 
 
   MID WATER TYPE SPINNING
MODELLENGTH(f)SEC(pes)LINE MAXLURE MAX/BEST(g)WEIGHT(g)PRICE(¥)免責金額(¥)PARTS #1PARTS #2BJAN
MWS-862-PE8'6"2PE 1.230/1515447,00018,80021,90034,30031111 4
MWS-902-PE9'0"2PE 1.230/1616148,00019,20022,90035,30031112 1
MWS-972-PE9'7"2PE 1.230/1816849,00019,60023,90036,30031113 8