HOMESEVENSENSE SR/MOSS/MS-1102-SR  SEVEN SENSE-SR 一覧
 

 
 SIC  with  MOSS <SR> 
 MS-1102-SR  Swell custom 
 【 新生 MOSS 1102 「 SR 」 誕生 】 
 平鱸ウネリ設計(改 ) 
   
 INFOMESION 
 

 SEVEN-SENSE SR」のコンセプトは、「SEVEN-SENSE PE」と同レベルのブランクスを設計すべく、30t+40tの原材料を駆使し、「トゲ」や「クセ」を排除した「扱いやすさ」を最重要視。 特に投げやすさを考慮した「ミート」しやすいティップとバットに調整したブランクスを採用。 意匠、各種パーツのコストを限界まで削ぎ落としたチタンフレームSiCリングと自社製造ブランクスで構成する実用性最重要視ブランド、それが、「SEVEN-SENSE SR」である。

 
   
  第四弾、MOSS 110 「Swell custom」。磯の平鱸に、サラシに強い中型ルアーを駆使し、春磯特有のウネリによるサラシを得意としたこの「MOSS」はランカークラスに一切の主導権を与えることなく余裕を持って対処できるパワーでありながら、60cmクラスでもタメが利くうえ扱い易く、絶妙に織り交ぜたバットの40tカーボンがダルさを完全に排除する。 T-MNST8番サイズのトップから新型T-RVSG20Hのバットガイドに繋がる9点ガイドで構成したこのMS1102SRは、ロッドウエイト僅か197g(プロト)という軽量ブランクス設計の為、18g~28gのバイブや16g~26gのミノー主体のゲームにおいて、磯の平鱸に不可欠な精度の高いピンポイントキャストが容易に行え、軽量ゆえに効率的に手返し良く繊細で豪快なゲームが展開できる。 ルアーウエイトの許容範囲は、ミノー12g~28g、シンペン21g~35g,バイブ18g~28g、ジグ28g~45g。 ベストルアーウエイトはミノー21g、シンペン28g、バイブ24g、が使い易いブランクスとなっている。 リールに関しては、PE1.5号の場合、3012番、クラスが適応する。PE2.0号の場合、4000番クラスが適応する。 
  ※リールシートの設定に関して、操作性重視で細身のVSS-16を搭載している為、リールの固定はしっかりと確実に締め込む事。 
   
  風速が無風から最大でも8mまでの低気圧通過前後のウネリを基本に、爆風までも行かない8m程の北西風サラシにてテスト。 12cmミノー主体でミニマムは7cm前後10gや7gジグヘッドワームが使えるウネリに負けない繊細なティップとペンデュラムや振り子によるジグ45gフルキャストが可能な60cm前後のアベレージクラスでもしっかりタメが効き、ランカークラス(6kg以上)になるほど安心感が増すようにバラシを軽減した軽量シャキシャキのダルさのない曲がる強靭なバットを設計。 
   
    ノットに関してはリーダーに結びコブを作らない摩擦系ノットにて結束してください。 
    尚、リーダー長は1.5m(1ヒロ)から1.0m(矢引き)までがトラブルも少なく使用できます。 
    リーダーの結束部はトップガイドの外側に出したキャストを推奨します。ロングリーダーはお勧めできません。 
   
 FEATURE 
 
REEL SEAT TITANIUM GUIDE
 
富士工業製バーサタイルスピニングシート VSS を装着
 
富士工業製超軽量SICリング装着、オールチタンガイド搭載。
   
Gcraft Original SPIGOT JOINT
 GURIP DESIGN
FEATURE 03 
セブンセンス発売当初から採用しているジークラフトオリジナル・スピゴット・ジョイント。 平織カーボンでジョイント部を補強する事で調子を損なわない設計。
 
VSS & 高密度EVAグリップ。
   
 
 SPEC 
 
        MOSSTYPE SPINNING
MODELLENGTH(f)SEC(pes)LINE MAX/BESTLURE MAX/BEST(g)PRICE(¥)JAN
MS-1102-SR11'0"2PE 2.0/1.545/M21・V2853,00031154 1
 
   
 PAMPHLET