HOMESEVEN SENSE-TR/MID WATER/MSS-962-TR/MSS-1062-TR  SEVEN SENSE-TR 一覧 
 
 
 TORZITE  with  MID STREAM 
 MSS-1062-TR  Openriver ZENDORI Special 
 【 二代目1062 「 ゼンドリ 」 スペシャル 】 
 急流河川専用設計  
   
 INFOMESION 
  初代1062、チタンフレームSiCリングガイド単体総自重9.1g。 二代目1062、チタンフレームTORZITEリングガイド単体総自重4.0g。  その差マイナス5.1g。 56%の軽量化。 初代1062、ロッド総自重198g。 二代目1062、ロッド総自重165g(プロト)。 その差マイナス33g。  16.7%の軽量化。 現時点で可能な軽量化は全て施した。 その上で、性能は初代を上回る。 
   
  初代1062のティップはフル30t、バットは30t+40tに対し、二代目1062はティップに30t+40t、バットには30t+40t+46tを複合成型。 テーパーも若干ではあるがUPさせている為、ティップ、バット共に「張り」「感度」「反発力」が向上。 MAXルアーウエイトも3gUPの38gとなり、今まで以上にミノー主体の攻撃的なプラッギングが可能。 オープンエリアのウェーディングで使用できる限界の長さで設計したこの二代目1062はセブンセンスTRシリーズ中、ロングロッドでありながら最もローテーパーの設計となっている。 よって、G-CRAFTが現在販売しているロッドでこれ以上に「タメ」が利くブランクスは存在しない。 現に、開発テストで掛けた魚は全ロッドの開発テスト中、圧倒的なキャッチ率を誇っている。 確実なフッキングと安定したファイトを約束し、小型からランカーまで絶妙な負荷でタメ続け、他を圧倒する飛距離を手に入れたこの1062TRで圧倒的な釣果を叩き出して頂きたい。 
   
  大・中・小規模河川で特に雨後の急流河川にて中・大型マル・ヒラスズキを狙い、中型ミノー(120㎜~140㎜)からバイブレーション(18g~28g)を使用し繊細且つ高感度で喰い込みを重視したアタリの取り易いティップとウェーディング時に扱えるギリギリの反発力を備えたバットを設計。 メインルアーウェイトはミノーで16g~24g前後、シンペンで18g~28g、バイブは18g~28gが扱いやすく、およそ1.4kgのドラグテンションでバットが入り、4~6kgとのやり取りが非常に楽しめる上にバラシ難く、7㎏クラスを片手で溜めつつ余裕を持ってコントロールできるように設計。 
   
  ノットに関してはリーダーに結びコブを作らない摩擦系ノットにて結束してください。 
  尚、リーダー長は1.5m(1ヒロ)から1.0m(矢引き)までがトラブルも少なく使用できます。 
  リーダーの結束部はトップガイドの外側に出したキャストを推奨します。ロングリーダーはお勧めできません。 
   
 FEATURE 
 
Gcraft Original CARBON REEL SEAT TITANIUM GUIDE
FEATURE 01 FEATURE 02
高弾性低レジンカーボンをメインに成型。 マシンカットを施した超軽量ジークラフトオリジナル・カーボンリールシート。 シート・ポジションを自由に変える事が出来る可変シートを装着。
 
富士工業製超軽量トルザイトリング装着、オールチタンKガイド搭載。
   
Gcraft Original SPIGOT JOINT
 GURIP DESIGN
FEATURE 03 FEATURE 04
セブンセンス発売当初から採用しているジークラフトオリジナル・スピゴット・ジョイント。 平織カーボンでジョイント部を補強する事で調子を損なわない設計。
 
超軽量ジークラフトオリジナル・カ^ボンリールシート&高密度EVAグリップ。
   
 
 SPEC 
 
        MID STREAMTYPE SPINNING
MODELLENGTH(f)SEC(pes)LINE MAX/BESTLURE MAX/BEST(g)PRICE(¥)JAN
MSS-1062-TR10'6"2PE 1.5/1.238/M21・V2662,00031131 2
 
   
 A SHOP LIST 
   
 PAMPHLET 
 

 
          取扱特約店リスト