HOMESEVEN SENSE/MID REEF/MRS-1062-TWS  SEVEN SENSE 一覧
 
 
 
 【 トップウォータースペシャルの真髄 】
 INFOMESION 
  現在主流のダイビングペンシルやポッピングによるルアー操作を完璧にこなせる専用ブランクスに設計、トップウォータープラッギングの要とも言える「水絡み」を追求させたモデルがこの「MRS-1062-TWS」です。 先の「MRS-1002-SPS」よりも更にテーパーをダウンさせ、プラグの無駄な動きを抑制させるテーパーを採用。 但し、胴に入りすぎるブランクスではなく、磯際での取り込み時に確実に相手をリフトコントロールできるよう、7kgクラスとのファイトでバットのおいしい部分に過重がかかるように仕上げています。 猛然とトップに炸裂する青物の吸い込みを完璧に乗せるティップの軟らかさと100m先のフッキングを可能にするためのバットセクションの曲がりを2シーズンを越える実釣テストにより、答えを全て魚に聴いて完成させました。 対象魚は3,5kg~4,5kgのメジロ(ワラサ)クラスが気持ちよく余裕を持って対峙でき、7kgオーバーのブリクラスにも対応します。 メインはサーフェイスプラッギングにてブランクスを仕上げていますが、水深25m程の浅い場所や不意の沖ナブラには60g~80gのジグにも対応できます。トルクを犠牲にすることなく肉厚を保持した上でバット部にブランクスの主要ウエイトを配置し、持ち重りを排除したブランクバランスに設計していますので一日中フルキャストが可能です。 とにかく楽に扱えて、余裕を持って楽しめるブランクスに仕上がったこの「MRS-1062-TWS」で思う存分青物と対峙してください。 
   
  紀伊半島(加太・小浦・周参見・見老津・串本)の沖磯・地磯でテスト。秋季は加太周辺の地磯、潮流3~5ノットのヨレ場にてメジロ・ブリをトップ&ジグのロングジャークにてテスト。 冬季は小浦地磯にてメジロ・ブリ(5~8kg級)をトップやミノー等のプラッギングでテスト。春季~夏季は周参見・見老津等、枯木灘にてメジロの4kg~6kg級を、串本沖磯、小浦一文字では大型シイラなどトップにてテスト。 
 
 SPEC 
 
   MID REEF         TYPE SPINNING
MODELLENGTH(f)SEC(pes)LINE MAXLURE MAX/BEST(g)WEIGHT(g)PRICE(¥)免責金額(¥)PARTS #1PARTS #2BJAN
MRS-1062-TWS10'6"2PE 380/4527362,00024,80037,50041,50031076 6
 
   
 PAMPHLET 
 パンフレット